ホワイトニングとクリーニングの違い

差し歯の色が気になるときにやること

>

色がつかないような工夫

着色汚れがつきやすい食べ物

カレーやワイン、さらに調味料のケチャップは着色汚れがつきやすいです。
ですから、できればそれらの飲食物を避けることをおすすめします。
しかし完全に食べないのはできませんし、好きな食べ物なら無理にガマンするのは辛いです。
ガマンが原因でストレスが溜まり、精神に悪影響を与えたら困ります。

そこで、特に着色汚れがつきやすい飲食物を摂取した後は歯を磨きましょう。
すぐに歯を磨くことで、差し歯に汚れがつく前に落とせます。
外出先でも歯を磨けるように、小さい歯ブラシセットを持ち歩いてください。
それならカバンの中に入れても邪魔になりませんし、どこで何を食べることになっても安心できます。
そのように対策をしながら、食事を楽しみましょう。

歯を磨けない場合

口をゆすぐだけでも、着色汚れがつくことを避けられます。
どうしても歯を磨くタイミングがなかったら、それだけでも良いので実行してください。
またマウスウォッシュで口をゆすぐと、もっと大きな効果を発揮できます。
口内の殺菌にも繋がるので、歯ブラシかマウスウォッシュを持ち歩くことを習慣にしましょう。

歯を白く綺麗にすることは、身だしなみの1つです。
口を開いた時に汚い歯が見えると、相手からの印象が悪くなるでしょう。
1度印象が悪いと思われたら、良く見られるのが難しくなります。
良い印象を持ってもらえるように、常に歯を綺麗にするよう心がけてください。
差し歯に着色汚れがついていないか、こまめに鏡を見ながらチェックしましょう。


この記事をシェアする