ホワイトニングとクリーニングの違い

差し歯の色が気になるときにやること

>

最初にホワイトニングをする

新しい差し歯にする

汚れが内部まで浸透している時は、クリーニングを受けただけでは綺麗にならないかもしれません。
その場合は、新しい差し歯に交換するのが手っ取り早い方法です。
さらに新しい差し歯にする前に、一旦天然の歯を白くし、その上から差し歯を被せるのもおすすめです。
すると歯全体が白く綺麗になるので、満足できる仕上がりになるでしょう。

時々天然の歯より、差し歯の方が白く見えることがあります。
すると差し歯だけ浮いて変に見えるので、差し歯の色に合わせてホワイトニングをしてもらってください。
医師にそのように伝えれば、薬剤を調整してピッタリの色に仕上げてくれると思います。
また新しい差し歯にすることで、耐久性も向上する面がメリットです。

変色しない差し歯

医師に、差し歯の種類について質問してみましょう。
一般的に使われる差し歯は保険を適応できるものですが、中には自費治療の差し歯があります。
そちらだと変色したり、着色汚れがついたりすることがないので、見た目が綺麗な状態をずっと維持できます。

自費治療だと歯を1本治療するのに数万円という金額になりますが、これから定期的にクリーニングを受けたり、差し歯を交換したりしなくて良いので手間を省けると思います。
また差し歯の色に対する悩みがなくなるので、精神的な負担も減らせるでしょう。
そのため差し歯が少ない人は、思い切って自費治療の差し歯を選択しましょう。
歯医者によって料金が変わるので、まずは医師に相談してください。


この記事をシェアする