ホワイトニングとクリーニングの違い

差し歯の色が気になるときにやること

>

着色汚れが付着してしまう

効果を発揮するためには

歯医者では、ホワイトニングができます。
それで定期的に歯を白くする人がいますが、効果があるのは天然の歯のみだと忘れないでください。
ホワイトニングで使用する薬剤は、差し歯のような人工的に作られた歯に効果を発揮できません。
しかし差し歯に着色汚れがついて気になった時も、対処法があるので安心してください。
おすすめは、クリーニングをすることです。

クリーニングを受けると歯垢や歯石だけでなく、歯の表面についた着色汚れを綺麗に落とすことができ、差し歯にも有効です。
時々スポンジで差し歯を擦ると汚れが落ちるという話を聞きますが、これは間違っている情報です。
固いスポンジで擦っても差し歯が傷つくだけなので、絶対にしてはいけません。

クリーニングのメリット

クリーニングを受けることで、口内の汚れも除去できます。
歯垢や歯石が溜まっていると病気の原因になるので、定期的に受けた方が良いでしょう。
毎日歯を磨いても磨き残しがあって、実は歯に汚れが溜まっている人が多いです。
また病気になっていないかどうかのチェックもできるので、定期的に歯医者に行くことをおすすめします。

大体、2か月から3か月に1回のペースでクリーニングを実施すると良いですね。
虫歯や歯周病を発症すると治療しなければいけないので、高額な費用が発生します。
また治療中の痛みも感じ、肉体的に精神的にも負担が大きくなるでしょう。
それよりも定期的にクリーニングを受けて、差し歯が変色しないよう予防した方が良いと思います。


この記事をシェアする