ホワイトニングとクリーニングの違い

差し歯の色が気になるときにやること

オススメリンク

矯正歯科を堺で選ぶなら

堺地区周辺から通いやすく治療の面でも安心な矯正歯科を探すならどこに注目すべきか調査しました。

最初にホワイトニングをする

沈着した汚れは、クリーニングでも落とすのが難しいと言われています。 その場合は、差し歯を新しいものに交換した方が良いでしょう。 今度は、着色汚れがつきにくい差し歯を選択するのもおすすめです。 ですがその際は自費治療になるので、料金がかなり高くなります。

色がつかないような工夫

努力すれば、差し歯に着色汚れがつくことを回避できます。 そのためには普段から食べるものに気を付けたり、何かを飲食した後は歯を磨くことを徹底してください。 食後に歯を磨かないまま放置すると、汚れと共に色が沈着し、クリーニングでも落とせなくなってしまいます。

歯医者でのクリーニング

差し歯の表面に色がついただけの状態だったら、歯医者でクリーニングを受けてください。
すると色を落とせるので、綺麗な状態に戻ります。
歯を白くしたい時はホワイトニングを受けるのが良いと言われていますが、それは天然の歯だけです。
差し歯のような人工的な歯にはあまり効果を期待できないので、クリーニングの方が良いと覚えておきましょう。
クリーニングで汚れを落とすと、虫歯や歯周病の予防もできるのでメリットが大きいです。

また差し歯を交換したり、その時に差し歯の色に合わせて天然の歯をホワイトニングしたりする方法があります。
費用が発生しますが、定期的に差し歯を交換すれば、ずっと白く綺麗な状態になるので見た目を気にする人におすすめです。
ちなみに差し歯には、保険を適応できる種類とできない種類があります。
保険が使えない差し歯だと費用がかなり高くなりますが、着色汚れしにくいというのが大きなメリットです。
そちらも選択肢に入れて、よく考えましょう。

またクリーニングや天然の歯をホワイトニングした後は、着色汚れがつきやすい飲食物を避けるのがおすすめです。
しかし完全に避けると食べられるものが制限されてしまいますし、好きな食べ物をガマンするのは辛いと思います。
ですから、食後にすぐ歯を磨くことを心がけてください。
口に汚れが残らない環境を作れば、差し歯に色がつく心配はありません。
歯を綺麗にすることも、身だしなみの一環だと覚えておきましょう。

着色汚れが付着してしまう

天然の歯なら、ホワイトニングをすることで白く綺麗に戻ります。 しかし人工的な歯には効果を発揮できないので、差し歯を綺麗にしたい時はホワイトニングではなく、クリーニングを歯医者で依頼しましょう。 クリーニングなら、差し歯の表面についた汚れを落とせます。